犬は飼主を選べない。

投稿日:

犬はエサだけ与えていればよいというわけではない。運動は頻繁にさせるし、汚れたら洗ってあげて、ケガをしたら病院へ連れて行かなくてはならない。

どんなサイズの犬であれ重労働である。

飼主は足腰がしっかりしている必要がある。経済的にもある程度余裕が必要。プライオリティを変えて犬の為に時間を作る柔軟性も求められる。

人間のライフステージにおいて、いつか要件が満たせなくなる時が必ず来る。

犬は飼主を選べない。

いつまで犬を飼えるかの判断は、人間側の責任である。

日頃客観的に自分を観察して、自分があるステージに達したら自制する決断も必要である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください