一歩踏み出す勇気があったら

子供の頃、恐ろしくて近づくことさえできなかったスキーの難関コース。難関、難問は自分の身を投じてみるまで本当に難しいかは分からない。難関と向き合うことで外からでは見えない解決策に気付くとこもある。では最初の一歩はどう踏み出す?犬に教える時に使う方法にヒントが隠されている。

犬のしつけは、「飼主」の感情コントロールのトレーニング

犬のしつけの大原則。それは、「突発的に生まれる感情のまま叱らない」簡単なようでなかなか難しい。

あなたの感情は適切にコントロールされていますか?

自分の感情に支配されずに、冷静さを取り戻した頭でしつけをする方法を紹介します。

犬の「はったり」力

ドーベルマンって見掛け倒しの王様。一見、「オレに断わりなく触れたもんなら指の1,2本は覚悟!」的な見かけ。でも、実は・・・。ドーベルマンのオーナーとして複雑な気持ちなんです。(涙)

「先住犬が手本を見せて教育」はウソ?

犬が意識的に手本を示すことなんて犬の能力として可能なのだろうか?自分が多頭飼いするまではあり得ないと思っていた。でもウチの犬達を見ていると「まさか?」と思い始めた・・・

ベッドの下にハマるって(笑)

ギシギシギシ、ギシギシギシ、ガッガッガッー「なんだよ騒がしいな、夜中に!」部屋を明るくすると、ベッドの下から足が4本出ている。

あなたの犬は感じ取っている

あなたの犬は、旅行前日からソワソワし始めませんか?荷物は別の部屋に準備しているし、人間同士の会話の内容まで理解しているとは思えない。でも犬は感じ取っている。挙句の果てに、置いていかれないように、玄関で出発を待つ。でもどうやって?

犬は歳をとっている方がおもしろい

噛めば噛むほど味がするのはスルメイカ。長い年月生活を共にして生まれるのは「スルメ犬」。勝手に作った言葉です(-_-;) パピーはどう転んだってカワイイ。生きてるだけで人の心が溶けてしまう。 1,2歳になると、物事を理解し…