犬と旅行-3つの訓練でストレス軽減

犬と旅行-3つの訓練でストレス軽減 「犬がいるから旅行に行けない・・・」こんなぼやきを聞いたことありませんか?だったら犬と一緒に旅行に行けばよい!今投稿では、犬と旅行するために準備できることを3つ紹介します。①トイレコマンドを習得 ②様々な状況でも「伏せ・待て」ができる ③乗り物に慣れる 

飼主に牙を剝く犬-2つの改善方法

飼主に牙を剝く犬-2つの改善方法
散らかっているおもちゃを片付けようとしただけなのに「ガルル・・・!」。
学校から黒い制服姿で帰宅した子供に牙を剝く。など。
犬が攻撃的になるには理由がある。
その理由の多くは「恐れ」を原因としているのではないでしょうか。
①失う恐れ 
②過去の恐ろしい経験 
原因そして改善方法について詳しく説明します。

夜、犬が攻撃的に。2つ確認すべき事。

夜、犬が静かに寝ていたのに何かに驚いたように急に攻撃的になる事がある。近くにいる家族に攻撃的になることもある。こんな時に確認すべき事2つを紹介します。①何かに怯えていないか?②犬の睡眠を邪魔していいないか?

「犬のリーダーになりなさい!」の勘違い

犬へのリーダーシップという言葉をとても嫌う飼主がいる。リーダーシップという言葉の中に①のような「支配的」という意味を連想する人が多いからではないか?バブル経済崩壊前の日本だったらそんなリーダーに人はついていったかもしれない。だけど21世紀に入って20年たった今、「支配的」を連想させるリーダーシップスタイルでは犬はもちろんのこと、人間だってついていかない。

散歩中の犬同士の挨拶。3つのステップでトラブル回避!

すべての犬がフレンドリーであれば「はい、こんにちは!」でお互いのにおいを確かめて「ありがとうございました!」でおしまい。しかし、犬によっては他の犬が苦手だったり、恐怖心の裏返しで攻撃的になってしまう犬もいる。お互いの犬がリードに繋がれているので制御不能に陥るケースは少ないとはいえ、稀に飼主より力のある犬を連れている人だっている。また、飼主のポリシーで他の犬とは挨拶させないというケースも考えられる。我家ではこんなことに気を付けている

老犬の過度な運動量に注意!

犬って自分の体力の限度をわかってるようでわかっていない。老犬であっても。大人の人間でも失敗するししょうがないのか?でも、元気で長く生きて欲しいなら飼主が注意する必要がある。

あなたは「呼び戻し」が出来る飼主のタイプ?

犬の呼び戻し。大切でありながら最もマスターの難しいコマンド。呼び戻しが出来ている飼主には1つ傾向がある。それは、一貫して大きなアクションで分かりやすく犬に伝えることを実践している人。「犬が全速力であなたのところに帰ってくる。」そんな関係を構築しませんか?

犬を飼うことの「犠牲」と「利得」。

犬を飼いたいのだけど飼えない4大理由を挙げる。①旅行に行けない。②散歩が大変。③お金がかかり過ぎる。④死ぬのがつらい。我々人間には、何か潜在的にこれらの理由(=犠牲)から得られる利得。または、制限があるからこそ生まれる副産物をどこかで期待しているのではないだろうか?