犬とねこを一緒に飼うための5つのヒント

犬とねこは一緒に飼えないと思っていませんか?私の周りでは、両方飼っている家庭は少なくないんです。上手に環境を作る為の5つのヒントをお伝えします。
⓵ねこが確実に避難できる場所を作る②犬に「ねこは家族の大切なメンバー」であることを教える③犬とねこのベッドを同じ部屋に置く④子供のころから⑤飼主が粘り強く見守る

我家の「序列」-犬が一番下の訳

我家の構成は、人間2匹、ねこ3匹、犬1匹である。これを現在の序列の上位から並べると、ねこ→人間→犬になる。
ねこがエサを欲する時、ねこは人間にリクエスト(命令)する。「にゃー」と。ほぼ100%人間はねこのリクエストに応える。逆に人間がねこにベッドから降りるようリクエストする。ほとんどねこは言う事を聞かない。
なぜねこはこんなに偉そうなのか?3つ理由がある・・・

なぜ犬は人間を襲わない?

昨日、ふと思った。ある程度のサイズの犬は人間なんて簡単に殺せる。でもなぜそうしないのだろう?(中略)それは、人間から「エサなど」の見返りを期待しているから?それ以上に何かあるのではないだろうか。(中略)本当に犬に覚えさせたい事は、飼主を信頼すること、家族を大切にすることではないだろうか。それは、エサ以上の何かを与え続けることで獲得できる。

犬の社会化は周りの協力が不可欠

今朝すれ違った犬は凄かった。すれ違う10m先からすでに後ろ足だけで立ち(二足歩行)で、こちらを食べてやろうかという勢いで吠え散らかしていた。これぐらいならカワイイ。でもこの犬はすれ違った後もズーと吠え続けていた。あそこまでの犬はみたことがない。飼主さんは相当苦労しているに違いない。同情する。

犬はあなたの声をちゃんと聴いている

愛犬とこんなやり取りありませんか?普通の声で呼んでも無視するけど、少しイライラした声で呼ぶと反応する。
犬はあなたの声を天秤にかけている!?
逆に言うと、犬は仲の良い人間同士でもわからない微妙なニュアンスを読み取っている!? やっぱり犬は何か持っている!

犬から学ぶ「人に好かれる方法」

なぜ犬は多くの人に愛されているのでしょうか?その答えをお伝えする前にもう一つ質問。犬の仕事ってなんでしょう?鶏は、卵を産む。乳牛は牛乳を出す。犬の仕事は、「飼主を愛する」こと。そして、その表現方法が他の動物にはできない犬の特技であり、人間にとってとてもわかりやすい方法で行われる。これが犬の仕事であり、その結果私達は犬へ愛情を返す。犬は人に好かれる為のゴールデンルールを心得ているのです。

来客(ピンポーン!)に対するあなたの犬の反応はどれ?

質問です。玄関で「ピンポーン」とベルがなる。あなたの犬はどんな反応しますか?①無反応。寝たまま。全く吠えない。②一回だけ吠える。または、声は出さなくともこっちを見て何かを知らせようとしている。③吠え続ける。こちらが「解った」と伝えても吠え続ける。 個人的には②が理想だと思う・・・

コロナ前とコロナ後。変わるものと変わらないもの。

コロナ前とコロナ後。変わるものと変わらないもの。2020年年始、今年はどんな年にしよう?と考えていた時、誰が今の事態を想像しただろうか?私達の生活はガラッと変わってしまった。どの様に外出するか、人との関わり方、休暇の過ごし方まで。そんな中、変わらないものもある。それは、大切な人への気持ちそして、守りたい存在があるということ・・・

犬は「死」を理解するのか?

犬の遺体と家に帰った時、チリ(残された犬)は状況を上手く呑み込めていない様子だった。数時間前まで一緒に生活していた犬は毛布に包まれたまま動かない。でもチリはいつもの様に近寄って確認を始めた。

犬のバカさ=強さ。

私達人間は、食物連鎖の頂点にいる。体力的には他の動物達に劣る。でも、我々の先祖は、仲間や家族がトラやクマに捕食されながら「考えて」「考えて」捕食されないように工夫して生きのびてきた。
「考える」ことを自分や家族を守るメカニズムとして。
現在、トラやクマに捕食されることはほとんどない。でも、私達の「考える」は止まらない。私達は、「考える」から飛行機が飛ぶし、名作映画が生まれる。ただ、「考える」が暴走すると自分を苦しめることにも。犬のバカさに学ぶこともある。