一歩づつ確実に

我家に犬が来た当初、犬が家から出るのでさえ怖くて、散歩にとても苦労した。前足を踏ん張って進まなかったり、自転車とすれ違うたびに尻尾を又の間に挟んでビクビク。抱っこしたり(今の体重じゃ無理)、後ろからお尻を押してあげたり、目線を落として楽しそうな声で勇気づけたり、といろいろやった。

ハッピーネスとは

それは何も足す必要がなく、引く必要もない丁度良い状態。 未来はこうなって欲しいと考えたのは、今がハッピーじゃないから

犬の食事-妥協ばかり…でOK!

犬に与える完璧な食事とは?養バランスの良いもの?安全性?費用?購入のしやすさ?保管できるもの?準備の楽なもの?思いつく限り、完璧なものなんて存在しない。1つの項目を満たせば、他が欠ける。 自分も含めて、分かっていながら買ってきたドライフードを与えている。まあ、妥協しているんです。

何でもやり過ぎは良くない

梅雨入りしたらしい。憂鬱な季節だ。犬も同じ意見ではないだろうか?雨が大好きって犬はあまり知らない。犬と人間が共存し始めて何千年も経つが、つい最近まで犬を散歩に連れていくなんて概念は無かっただろう。というか必要が無かった。

ウチの犬、大丈夫でしょうか?

ウチの犬、雷が大の苦手。 遠くの方で聞こえても、体全体を震わせてダイニングテーブルの下に隠れます。 もう一匹の犬は、雷なんて気にせずグーグー寝てます。 犬のDNAには、過去の辛い経験(雷による森林火災など)が刻み込まれて…

迷い込んだオオカミが・・・

「突然変異的に警戒心の薄いオオカミが、人間にとても気に入られて現在犬としてペットのステータスを獲得した」