犬に「ダメ」と言ってもダメ!

僕もやってしまうミス。コマンドを否定の命令文にしてしまうこと。例えば、「~を咬んじゃダメ!」とか、「リードを引っ張らないで!」というコマンド。コマンドというより、とっさに出てしまう願望に近い飼主の叫びですね。(笑)

犬のしつけで大切なことは1つだけだと思う

しつけのベースにはこれが必要だし、逆にこれが無いと、「飼主のコマンド<他人からのおやつ」(他人からのおやつの前では、飼主のコマンドが全く意味をなさない状態)は抜け出せない。

僕がクローン犬に賛成できない理由

愛犬の皮膚の細胞から作ったクローン犬は元の犬にそっくりになるようだ。飼主は、大好きな犬と死に別れても、死後直後に皮膚を取ることでまた外見上そっくりな愛犬を取り戻すことができる。

犬はなぜスケボーのお兄さんを怖がるか?

先日、養老孟司さんがYouTubeで言っていた。犬は大勢の人間がいる部屋に入れられたら、ビックリして部屋から逃げていくだろう。なぜなら、犬は人間一人一人を全く異なった生き物として認識するから。それぞれが、ニオイ、動き、音、見た目が異なる個別の生き物なんだから、何をしでかすか予測できない連中からは逃げる。

犬は五感へのチャンネル

毎日の脳中心の偏った生活から、他の「感」を使うことが本来の僕たちであることや、それらをバランスよく使うことが気持ちよいことだってことを思い出させてくれる。

犬から学ぶ、「いま・ここ」な時間

人間関係のストレス。すぐ忘れて他のことを始められれば良いのだけど。そんなに単純じゃない。頭の中でストレスを反復させる。何度も何度も繰り返す。ストレスは蓄積していく・・・

愛犬にもワクチン接種。犬にとっては全く迷惑な話?!

アメリカの動物園のゴリラ18頭がコロナに感染していることが発覚したらしい。(中略)動物へのワクチン接種へ話も戻すと、僕は反対ですね。効果が数か月しかもたないとわかっていながら、自分がしたような接種後の経験を愛犬にさせようとは思わない。具合悪くなると分かっていて毒を体内に注入している感覚。大袈裟に言うと、お腹を壊すのをわかってて腐った食べのもを拾い食いする感覚。犬に上手く説明できないし。だったら犬が強い免疫をつくれるように、毎日健康的な生活をさせてあげたい。

犬への差別

大きさ、毛の色、毛の長さ、顔の形、足の長さ、声の質、様々な種類の犬が存在する。人間は、自分が過去に聞いたこと、経験したこと、見たことを基に目の前の犬を同様にカテゴリ分けしてしまう。

犬の頭の中を覗いてみる

近い将来、言葉を使わずに犬と会話ができる日がくるだろう。イロン・マスクの開発しているニューロリンクじゃないけどそんな日が来るのだと思う。