犬嫌いな人ほど「XX」な動きをする

嫌いな人ほど目立つんです。動きが普通じゃないんです。犬はそんな動きをする人達に興味津々!「普通に歩いてください」とも言えないし・・・

ペットハラスメントか?!

日本には52種類ものハラスメントがあるらしい。そのうちの1つがペットハラスメント。我家の犬の変な癖がペットハラスメントになるかもしれない・・・。

思い出に残るホリデーの共通点

ホリデー思い出。一番印象に残っているのは、旅館で食べた豪華夕食ではないし、ホテルの部屋から見た景色でもない。それは、犬が飛び上がって喜んだ貸し切り状態のビーチ。そして、満面の笑みで何度も後ろを振り返っていた登山の思い出ではないでしょうか。自分より、犬が喜ぶことが一番の思い出になる。不思議だけど。

「犬を散歩させる人」と「犬と散歩する人」

あなたは、犬との散歩を楽しんでいますか?イヤホンで音楽聞きながら散歩していませんか?もしかしてスマホで動画を見ながら散歩していませんか?どうせなら限りある時間、瞬間瞬間を大切にしませんか?

犬は人の子の代わりになるか?

犬は人の子の代わりになるか?「子供を育てる経験が無いと、人間は成長できない。」という知恵。真実だろうか?子供ではなく、犬を育てることで人は成長できなのか?成長するには苦労が必要だ。犬を育てることは、人を育てることより苦労が少ないのだろうか?人を育てるという事に特別な意味があるのだろうか?について考えてみる。

「犬」という出会い系サイト

どういうわけか、犬は自分の飼主の波長にあった人を連れてきてくれる。飼主同士は相手の名前なんてあまり興味が無いのか、呼び方は 「XXちゃんのママ」 とか「XXパパ」だ。何年経っても「XXちゃんのママ」な人もいる。

犬のように正直に生きられたら・・・

犬っていいよなぁー 悩み事がなさそう。責任という概念さえない?そして、後悔は?してるはずがない!なぜだ?れは、犬は常に自分の価値観に基づいて行動しているからだ。「インディアン嘘つかない!」的な?(古くて恐縮です)

犬を飼うことの「犠牲」と「利得」。

犬を飼いたいのだけど飼えない4大理由を挙げる。①旅行に行けない。②散歩が大変。③お金がかかり過ぎる。④死ぬのがつらい。我々人間には、何か潜在的にこれらの理由(=犠牲)から得られる利得。または、制限があるからこそ生まれる副産物をどこかで期待しているのではないだろうか?

犬をしつけない理由。

「ギャン!ギャン!ウォン!ウォン!」大型犬の太い声だ。友好的とはいえない吠え方。声のする方を見ると、年配の方が自分の犬をどうにか押さえようとアタフタしている。どうやら犬が通りすがりの犬に向かってケンカを売っているらしい。同時に、その方は今にも転びそうで必死にリードを握って踏ん張っている。