散歩中の犬同士の挨拶。3つのステップでトラブル回避!

すべての犬がフレンドリーであれば「はい、こんにちは!」でお互いのにおいを確かめて「ありがとうございました!」でおしまい。しかし、犬によっては他の犬が苦手だったり、恐怖心の裏返しで攻撃的になってしまう犬もいる。お互いの犬がリードに繋がれているので制御不能に陥るケースは少ないとはいえ、稀に飼主より力のある犬を連れている人だっている。また、飼主のポリシーで他の犬とは挨拶させないというケースも考えられる。我家ではこんなことに気を付けている

「犬を散歩させる人」と「犬と散歩する人」

あなたは、犬との散歩を楽しんでいますか?イヤホンで音楽聞きながら散歩していませんか?もしかしてスマホで動画を見ながら散歩していませんか?どうせなら限りある時間、瞬間瞬間を大切にしませんか?

犬の散歩は「朝一番」が「一番」の訳

毎日の愛犬の散歩、あなたは1日何回、どんな時間帯に行ってますか?1日1回朝のみ?または、朝と夕方の2回?ここで散歩と呼んでいるのは、「近所一周の用足し散歩」ではありません。犬の余ったエネルギ―を消耗させる「しっかり運動」のことです。(注:犬の年齢、体調には注意が必要)

犬の散歩は朝食の前?!

あなたはどっち派? 朝の犬の散歩はあなたの朝食の前にいく?それとも朝食の後? 私は断然、朝食の前。朝起きて、顔を洗って、着替えて、水を一杯飲んで出発です。このような生活イベントに関する問に対して、いつも立ち寄る考え方があります。それは、

誰のために犬の散歩に行く?

半分は犬の為、もう半分は自分の為。なので、5:5。犬を飼い始めた当初は10:0。犬の為が10、自分に為が0。犬を運動させることだけが目的。犬のために無理して早起きして散歩していた。