「犬のために引越す」ということ

投稿日:

本当に引越しすることになった。縁あって東京の隣の県の山の中に家を購入した。この地域の居住者数は約1,000人。家の近所には8軒ほどの家があるだけ。最寄りの駅までは車で約25分かかる。

なぜこんな山奥に引っ越すのか?

それは、ありきたりな理由なんです。犬と一緒に大自然を楽しみたいから。朝の散歩のため、家を一歩出たらそこはすでに森の中。すれ違うのは、近所のおじさんが軽トラで通るぐらい。あとは、犬と私たちと森だけ。上機嫌にピンと上がった犬のシッポを目印に犬についていく。そして、奥さんとどうでもよい話をしていたら家に着く。

昼、太陽が出ていれば犬は庭の木陰で昼寝。こっちは、仕事はしなくちゃいけないのでパソコンに向かう。窓から、昼寝中の犬を眺めながらZOOM会議。

楽しい事だけじゃない。東京の便利な暮らしと比較すると、不便を感じることがあるだろう。例えば、買い物、郵便物の送付、今夜は外食にしようか?なんて場合も車での行動が必要になる。(もし、近所に夜までやってる店があれば)。不便さを受け入れることができるだろうか。頻度が下がったとはいえ、通勤時間は今の4倍に伸びた。人間側が「もう無理!」とバンザイしてしまう危険性はある。

楽しい事と不便さの両面を常に感じながらの生活になるだろう。そして、実際に生活してみるまで、どっちがどっちを上回るかはわからない。

だからと言って引越さない理由にはならなかった。

何をやるんだって約束されたものなんてない。結局大切なことは、コントロールできる事に集中して、そうじゃない事はほっとくことだと自分に言いきかせる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください