犬への差別

投稿日:

大きさ、毛の色、毛の長さ、顔の形、足の長さ、声の質、様々な種類の犬が存在する。人間は、自分が過去に聞いたこと、経験したこと、見たことを基に目の前の犬を同様にカテゴリ分けしてしまう。

「以前、私の犬は黒い大型犬に傷つけられたから黒い大型犬はすべて凶暴である」と。

本当に見なくてはいけないのはその犬の中身である。

人間に対して、肌や髪の毛の色だけで(過去の経験や知識と照らし合わせて)その個人の中身まで決めつけてしまうのはナンセンスじゃないか?

犬に対しても同じことが言えると思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください