コロナ後遺症。もし愛犬に・・・

投稿日:

厚生労働省サイト(リンク)によると、コロナウイルスのヒトから犬やねこへ感染が報告されている。そして、犬にはまだないものの、ねこについては呼吸器症状・消化器症状が報告されているらしい。

恐い。

動物は、症状を言葉で私達に伝えることができない。なんか元気がないなぁ。夏バテかな?なんてのんきな事を言ってたら取返しのつかないことに・・・

そして、私がもっとも恐れているのは、回復後の後遺症の問題です。例えば、ヒトへの後遺症として報告されているのは、

だるさ、

息苦しさ、

胸の痛み・違和感、

咳、

脱毛、

PTSD、

不眠症、

記憶障害、

集中力低下、

うつ病

犬に後遺症が残るとは、まだ聞いたことがない。しかし、人間に残って犬に残らないとは言えない。特に、PTSD、不眠症、記憶障害、集中力低下などは「脳」に関係するものばかり。犬の性格が変わってしまった?一気に歳を取ってしまった?というように受け止めてしまわないだろうか。

繰り返しになりますが、犬とは言葉でのやり取りができません。その結果、犬の変化がコロナ感染によるものなのか、犬と飼主の関係性なのかもうよくわからなくなってしまう。

少しづつコロナの事がわかってきていますね。「ただの風邪だから心配ない」みたいな事を言っていた人もいるけど、あまり楽観視しない方が良いかもしれません。風邪にはここまでわかりやすい後遺症はないと思う。やっぱり犬にはコロナに感染してほしくない。

ペットへの感染の多くが飼主からのようなので、まずは自分達が健康でいることが大切ですね。

みなさん気をつけて。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください