犬を飛行機に乗せることについて

投稿日:

これは、飼主として責任ある行動なのか?

今日でも、実際にペットの飛行機での死亡事故は起きている。貨物室の環境がどうかに限らず、貨物室に入る前後もリスクがあると考えた方が良い。(特に夏は高温になる)

心配したらキリがないが、フライトなんて予定通りに進まないことの方が多い。急なフライトスケジュールの変更、機体トラブルなどが原因で、過酷な環境に放置される可能性だってある。

そんなに心配するなら、車で移動できる所にだけ行けばいいじゃない?(いやいや、自動車の事故率だってバカにならない!)とか、ペットホテルに預ければ?(いやいや、ペットホテルだって事故は起きてる!)と言う方もいらっしゃるかと・・・が、その議論は別の機会に。

そもそも、なぜ飛行機の移動がこんなに不安なのか?

「貨物として犬を預けた後から、目的地で受け取るまで、プロセスがブラックボックスであり中身が分からない!」

空港で係の人に話を聞いても「空調が効いているから大丈夫」と教えてくれるだけ。でも、その空調に責任を持っている人は誰で、空調をオンにする必要があるというのは、どんなプロセスで責任者に伝わるの?空調のモニタリング方法は?異常事態が発生したら犬を救出するために貨物室へ入れるの?など。

疑問は尽きない。

そこでリサーチしたら、上記について教えてくれるサイトを2つ見つけた。ご参照までにリンクを貼ります。

空の日ネット

知識連鎖

少なくとも幾つかの疑問には答えてくれている。ブラックボックスの中身が少し見えてきた。ブロガーさんに感謝!

今年の夏も、東京-九州の往復は飛行機を使う。

最後に、これは飼主として責任ある行動か?と自分に問うた。

フライト前後の犬の健康状態に注意する 。死亡事故のリスクは理解し、「覚悟」を決める。そして、同じレベルの「覚悟」で、現地で思いっきり犬と遊ぶ!

結局「怖いけど、家族みんなで楽しむにはしょうがない。どうにかなるさ!」ってこと。正直これが本音。

よろしかったらお仲間へシェアください。

2件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください