丸太みたいに太った犬

投稿日:

犬は人間の食べているものを欲しがる。当たり前か。人間と犬(最初はオオカミ?)が共存し始めた約1万年前から人間から食べ物をもらっていたのだから。

ウチの犬も、吠えて要求はしないが、調理中、食事中は近くに居たがる。

1度でも与えたものなら、ちゃんと覚えてて次回から「もらって当たり前」みたいな顔して近づいてくる。

ここが我慢のしどころ。

この棚ぼた的エサまで、一日の食べてよい総カロリーに入っているのなら良いでしょうが、そうでない場合はカロリーオーバーってこと。

そしてこのエクストラおやつの積み重ねが、近所で見かける

「丸太みたいに太った犬」の原因だ。

飼主のおやつを与えたい要求(エゴ)が、肥満犬がもたらす様々な健康問題に勝っているということだ。

おやつを与えたいエゴ > 犬の健康問題

犬は、長年飢えと戦ってきたため「より多く食べる」ことが彼らのサバイバル脳に組み込まれている。これはしょうがないと思う。

人間だって満足に食事ができるようになったのは ここ100年ぐらいでしょ 。その約100倍の年月にあたる1万年の間、人間から満足にエサをもらえず、ひもじい思いをしていたわけだ。もっと言うと人間と出会うもっと前から満足に食べられなかった。(そうじゃなきゃ、リスクを冒してまで人間の近くに住まない)

この短い年月で、サバイバル脳が書き換えらるわけがない。犬は人間の様に食事量をコントロール術がまだない。

よって、我々飼主の責任で、彼ら食事量をコントロールしなくてはいけない。

おやつを与えたいエゴ < 犬の健康問題

すべては愛犬のため。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください