演技&コントロール(Acting & Controlling)

投稿日:

先日のペットシッターさんからの散歩の報告に「犬が雨が嫌いで散歩途中で帰りたそうにしていたので帰りました」とありました。確かにうちのは雨が嫌いで、できれば散歩なんてしたくないようです。写真はシッターさんが撮ってくれたものですが、まぁ良く撮れていますね。この「ボクもうだめです~」的な顔とおしりを下げて「雨は本当に苦手なんです~」というBody Language。

シーターさんはいつも優しくしてくれるから自分の意志で散歩の行程をコントロールしようとしていますね。シッターさんの判断はお仕事として正しいと思うし全く問題ないです。ただ、「こんな顔をして自分のわがままを通そうとするんだぁ」と思って嫁さんと笑いました。私たち家族が散歩に連れて行くときは雨だろうが、風だろうがこちらが行程を決めるので諦めているのでしょう、こんな顔をしません。(笑)

自分の犬の事で恐縮ですが、こいつなかなか賢いと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください